患者さんのどんな些細な 相談にも乗れるように 積極的なコミュニケーションを

管理薬剤師
穴沢 望

NOZOMU ANAZAWA

プロフィール

穴沢 望
ゼネファーム薬局 根崎店
管理薬剤師
入社
2013年度
出身地
福島県
出身校/学部
城西国際大学 医療薬学部
休日の過ごし方・趣味
料理、スノーボード
血液型
A型

ゼネファームに入社を決めた
理由はなんですか?

入社の決め手はアットホームな雰囲気でした。見学時の様子から『ここでなら患者さんを中心に考える薬剤師として地域貢献できる』と確信しました。また複数の薬局を運営し、それぞれの薬局で様々な処方箋を受けているため多種多用な薬剤について学び、スキルアップできる点も魅力でした。

現在の業務内容についてお教えください

主に『調剤業務』『在庫管理』『情報収集』の3つの業務を行っています。
メインの調剤業務においては、処方DRの意図をくみ取り、患者さん目線で言葉を選びながらコミュニケーションをとるよう心がけています。
情報収集では、取扱う可能性のある医薬品について常に最新の情報を取寄せ、患者さんにフィードバックできるようにしています。

仕事のやりがい・楽しさは
どのようなことですか?

患者さんからの相談に答えられず、自分の力のなさを感じた経験から日々の研鑽する習慣を身につけました。薬剤師はミスの許されない仕事だからこそ、確かな知識を蓄えていくことが重要だと考えています。
そうした積み重ねを続けると患者さんからの相談や医師からの薬剤に関する問い合わせにも自信をもって答えられるようになりますし、その際に相手から感謝の言葉をいただくことにやりがいを感じます。最近だとリウマチの患者さんへ薬袋の素材変更提案したところ「指の痛みで袋が開けづらかったんだ。薬の管理が楽になるよ。」とお喜びいただきました。
今後も患者さんの状態を把握して提案していくことで薬剤師の存在意義を高めていきたいです。

これからやっていきたいこと・
挑戦したいことはどんなことですか?

在宅医療の推進とOTCを取り入れたセルフメディケーションの増進を図っていきたいと考えています。高齢者が増え、当店でも「薬の管理ができない」、「薬を取りに来るのも大変だ」と声がありますので処方医と連携して在宅医療を行います。またOTCの中には飲みやすさ、使いやすさを工夫されているものが豊富にあるので知識を深めることでより良い医療を提供できると考えています。

ゼネファームへ応募する就活生にメッセージをお願いします。

薬剤師が患者さんに寄り添える場所として、薬局は最適な仕事場だと思います。
患者さんへ寄り添うためには薬剤師一人ひとりの能力・知識がとても重要となりますが当社では薬剤師育成のための研修が用意されており、何でもできるゼネラルな薬剤師として成長できる会社です。
今後は地域密着型の薬局を目指しており、そのために在宅医療をより積極的に取り組んでまいります。地域密着型の薬局を実現するためにも一人でも多くの仲間が必要ですので是非、当社で研修や現場の経験を積んで患者さんにも地域にも寄り添える薬剤師として一緒に活躍しましょう。

ある日のスケジュール

Schedule Of One Day
  • 8:20-12:00
    出社後、まずは薬局の掃除や薬の在庫の確保、業務の予定の確認を行います。
    昼休みまでは主に調剤業務です。患者さん一人ひとりの声に耳を傾け大切に投薬します。
  • 12:00-14:00(往診日は〜15:00)
    近くのクリニックが休憩のためお昼休みへ。ほかの病院からも患者さんが来るので交代で一人ずつ。
    午前中に残った仕事や午後の薬の注文を行います。往診日の場合はクリニックに予定を確認し、前もって薬を準備します。
  • 15:00-18:00
    調剤を中心に行います。午前中より余裕のある午後に医薬品の情報収集や、クリニックに伺い医師と患者さんについて話し合い、次回の処方薬のすり合わせを行います。