患者さんの不安を軽減し 正しく安心して薬を服用して いただけるように

薬剤師
菅野 浩一

KOICHI KANNO

プロフィール

菅野 浩一
さくら薬局 永井川店
薬剤師
入社
2007年度
出身地
福島県
出身校/学部
東北医科薬科大学
休日の過ごし方・趣味
外岩登り・クライミング
血液型
A型

ゼネファームに入社を決めた
理由はなんですか?

私は転職活動を経て入社しましたが、地元で落ち着いて働ける環境や、のびのびとした社内の雰囲気が決め手となりました。
転職前は県内外問わず、さまざまな薬局店舗にて調剤業務を行っていたので、地元に根ざして働ける事は大きな要因でした。加えて時間に余裕が生まれたことで、自己研鑽として研修会への参加や、より綿密に準備をして仕事へ打ち込めるようになったことも長く続けられている理由です。

現在の業務内容についてお教えください

「調剤・処方監査・投薬」の調剤業務をメインに担っております。Drの処方意図をとらえながら、正しく薬が処方されているのか、飲み合わせに問題がないかなど確認しており、些細なことでも気になったことは病院へ連絡・相談を図っています。そのようにして患者さんが正しく、安心して服薬してもらえるように心がけています。
その他にも薬局内の在庫管理や勤務シフトの作成を行っており、一緒に働くスタッフが気持ち良く働けるように取り組んでおります。

仕事をする上で大切にしていること、
心がけていることはなんですか?

時間を大切にすることです。現在は総合病院前の店舗で勤務しているため、扱う処方内容も多く、調剤・処方監査・投薬に時間がかかります。できる限り薬局では、待ち時間の短縮を意識して、効率よく業務を行うにはどうすればいいのかと常々考え、業務しております。
そのような中で時間を意識して動くと考えて行動する習慣が身に付き、待ち時間の短縮に必要な薬局内の連携やコミュニケーションも活発化するため、店舗内の雰囲気が良くなるなど、相乗効果が生まれるので大切にしています。

仕事のやりがい・楽しさ、
苦労はどのようなことですか?

薬剤師に限った話ではないのですが、人の為になっていると感じられる事にやりがいや楽しさを覚えます。
これから薬剤師を志す皆さんも、きっと就職して働き始めたときに感じることができるのではないでしょうか。

ゼネファームへ応募する就活生にメッセージをお願いします。

以前にも増して薬局では他職種との連携、そして顔がみえ存在感をだすよう求められています。また、患者さんにおいても、かかりつけ薬局・薬剤師をもつよう国は求めているため責任は大きいです。
薬局は薬だけに留まらず一社会人として成長できる環境があると思います。就活生の皆さんも大変かと思いますが、社会人としての最初の数年間の経験がとても大事になってきます。いろんな迷いなどあると思いますが、後悔のないように悩み抜いてください。
そして、新しい「薬局・薬剤師」をつくり上げたい意欲的な方、ぜひ一緒に働きましょう。

ある日のスケジュール

Schedule Of One Day
  • 8:40~15:00
    出社して電気機器の立ち上げをしながら郵便物やメールの確認・薬の在庫の確認などを行っています。その後、午前中は調剤業務。処方内容も多く、分包する患者さんが多いため分包機は常に動いています。在庫確認そして発注と同時進行で行います。まわりとの連携を大事に、とにかく動いています。
  • 15:00~16:00
    昼休みは交代でとります。休む時はしっかり休むよう心がけています。その日の状況によって時間は変わります。
  • 16:00~18:30
    午後も午前中と同じく調剤業務。外来が終わってから残っている仕事や次の日の発注を含めた準備、病院へのフィードバック等の連絡を行っています。仕事はその日のうちに終わらせ、次の日に残さないようにしています。